足どりタブレットは略して「あホ」、という広告に承認だ

webのニュースホームページで、「足携帯を講じる人様は、略してあホと呼んでする!」という儀礼啓発掲示が話題になっているという記事を見つけました。神戸新運輸三宮駅舎に貼られてある掲示だそうですが、歩き回りスマフォをあホと略す持ち味の良さに思わず感心してしまいました。
歩きスマフォをやる人様は、街中で素晴らしく見かけます。しかし、駆け回りスマフォは興味がスマフォに集中して仕舞うせいで近辺への期待が疎かに上る、危険な振舞いだ。駅舎の表紙で歩き回りスマフォをしていた人様が誤って線路に落ちてしまったという、一歩間違えれば重要を失いかねない不運も正に起きています。足携帯は、周囲の人に迷惑をかけるだけでなく自分の重要までも危険にさらす、なんだか「あホ」な振舞いですよね。
こういう啓発掲示が掲示されているのは神戸新運輸三宮駅舎だけのようですが、ニュースホームページやツイッターなどのFacebookで拡散されて、みんなにばれるようになったみたいです。こういう掲示はつぎつぎ拡散されてほしいですね。こういう掲示によって、駆け抜けスマフォのリスキーに多くの人が気づいてくれればいいなと思います。