雲の進化と降水などについて勉強していました

雲について教育しました。大気中でフィーリング塊が上昇するのは、そのフィーリング塊の温度が周囲の大気の温度より大きい実態だ。鉛直ベクトルに温度が変化している大気中で、とある高さに起こるフィーリング塊を鉛など直上方に断熱系に抱え上げたとする。こういう瞬間、フィーリング塊の温度は断熱減比率に従って下がります。こういう気温が周囲の大気の温度より高ければ、フィーリング塊は向上を続けます。この場合、大気の状態は不安定であり、雲は発達し易いだ。逆に、周囲の温度よりフィーリング塊の温度が低ければ、フィーリング塊は根本の配置にもどります。この場合、大気の状態は安定であり、雲はでき難いだ。また、飽和していないフィーリング塊については安定であり、満杯したフィーリング塊については不安定である状態もあります。この場合を環境付き不確かといいます。積乱雲が発達してどぎつい雷雨をともなう実態、大気の状態は環境付き不安定である場合が多いです。このことを勉強して知らなかったことを知れて良かったなと思いました。キレイモ

いつもおもっています。。。実行は、いつかまた

こうして何時間も椅子の上で作業していると猫背になっている自分に気が付きます。身長をこれ以上縮めたくないのでもっと優雅に座ろうと思うも考え事をしていると癖で縮こまっている自分がいます。図書館の職員さんはy等時間座っていても本当に美しい姿のまま凛と座っていらっしゃる。仕事とはいえきれいな姿だなと休憩がてら歩いて流し目的に見ていて思いました。パソコンを使っての業務が少ない私はまるまるとしてとてもオフィス向きではありません。これからは改善しなくては、いつも思いますが今年も半分きっているわけですし一日一日をもっとかみしめて過ごさないとただのおおおばあさんになってしまう。それは避けたい限りです。見えないところでも筋肉を使って燃費をよくしなくては。この太ももの脂肪を燃焼させてすっきりボディになりたい。サプリに頼るのもあくまで補助としてです。これからあと3時間PCの上でキーボードをたたいておくか運動するか。。。http://www.ooooner.com/entry1.html